肩こりについて

肩の痛み「石灰けん炎」の手術治療

肩の痛みが起こる「石灰けん炎」とは、けん板に切開がくっつくことで炎症し、肩の痛みを起こします。 肩の痛みを起こす病気「石灰けん炎」の場合は、けん板に石灰が沈着して炎症を起こすため、「エックス線検査」が有効です。 エックス線検査では、けん板は写りませんが、石灰が写るため診断することができます。 治療は、まず薬物療法が行われます。 しかし、けん板にたまった石灰を取り除くことができなければ、肩の痛みは続...

肩の痛み「けん板断裂」の手術後ケア

手術をすると、肩の痛みは治ります。 肩の痛み「けん板断裂」の手術後は、縫合したけん板が安定するまでは、固定した状態となります。 固定する期間は、4週間から6週間ほどで、1日24時間ずっと器具を装着しておきます。 器具を装着している間の食事や入浴、着替えなどには介助が必要になるので、入院して行う患者さんはたくさんいます。 肩の関節を固定していたために、筋力がひどく弱くなります。 そのため、筋力をつけ...

肩の痛み「けん板断裂」の手術治療

肩の痛み「けん板断裂」の治療は、まず薬物療法が行われます。 しかし、薬物療法を3ヵ月継続しても肩の痛みが改善されないときは、手術治療が検討されます。 けん板断裂の手術は、孔のあいている部分を縫合します。 そして、骨につないで治す方法です。 ただし、孔が大きくそのまま縫合が難しい場合は、左右に広がってしまったけん板を寄せて、靴ひものように縫合します。 そして、「アンカー」というチタン製のくぎのような...

肩の痛みが治ったら行う運動療法2

肩の痛み「けん板断裂」の運動療法は、具体的に「けん板機能訓練」というものです。 運動療法の目的は、断裂していない部分を強化することです。 そうすることによって、断裂を起こしている部分をサポートします。 運動療法の「机を使った運動」のやり方を紹介します。 まず、「手のひらで机を押す運動」です。 けん板断裂している腕の前に机の端がくるようにイスを置きます。 そのイスにすわります。 けん板断している腕の...

肩の痛みが治ったら行う運動療法1

肩の痛み「けん板断裂」の運動療法は、具体的に「けん板機能訓練」というものです。 運動療法の目的は、断裂していない部分を強化することです。 そうすることによって、断裂を起こしている部分をサポートします。 肩の痛み治療「運動療法」の「腕を上げ下げする運動」のやり方を紹介します。 1.肩の力を抜いて立ちます。 2.両腕を伸ばしたまま少し上げて、脇を少し広げます。 このとき、親指を下にむけます。 3.両腕...

肩の痛み「けん板断裂」の治療

肩の痛み「けん板断裂」の治療方法は、「薬物療法」と「運動療法」、「手術」があります。 基本的な治療は、「薬物療法」と「運動療法」になります。 肩の痛み「けん板断裂」になっている人のおよそ70%から80%の人は、薬物療法で肩の痛みが改善されます。 そして、残りのおよそ20%から30%の人は、手術が検討されます。 肩の痛み「けん板断裂」の治療は、まず薬を使って肩の痛みを抑える薬物療法を行います。 貼り...

肩の痛み「けん板断裂」とは

肩の痛みが起こる「けん板断裂」とは、断裂といっても真っ二つに切れるわけではありません。 上腕骨の上にある「けん板」が剥がれてしまい、炎症を起こします。 男性に多くみられ、利き腕に起こりやすいです。 肩の痛みは、五十肩同じような痛みです。 主に、「じっとしていても肩に痛みを感じる」「肩を動かすと痛みがひどくなる」「腕を上げた状態を維持できない」などです。 肩の痛みが起こる「けん板断裂」のおよそ3分の...

肩の痛み「五十肩慢性期と回復期」によい運動療法

肩の痛み「五十肩慢性期と回復期」の治療は、運動療法が大切です。 そこで、具体的な運動方法を紹介します。 まず、肩の痛み改善「慢性期」に行う運動です。 ●肩関節の運動1● 壁などにつけたフックに、ひもを掛けます。 安定した場所で行います。 フックに掛けたひもを両腕でつかみます。 両腕でつかむ部分は、楽に上げられる高さくらいです。 そして、肩の痛みがない腕でゆっくりとひもを引きます。 すると、肩の痛み...

肩の痛み「慢性期」「回復期」の治療

肩の痛みが落ち着き、慢性期になったら薬物療法とさらに運動療法を始めます。 薬物療法は、急性期よりも薬の量を減らします。 肩の痛みの治療薬を減らしたとしても肩の痛みよって薬の量は調節します。 そして、さらに始める運動療法は、安静にしていて動かしにくくなっている肩の動きをよくするために行います。 運動療法が激しいとかえって、肩の痛みが強くなることがあります。 ですから、無理なく適度な運動を長期にわたっ...

肩の痛み「五十肩急性期」の治療

五十肩発症から3ヵ月間ほど続く急性期では、無理に肩を動かさずに安静にすることが大切です。 無理して動かすとひどい痛みを感じることがあります。 そして、その肩の痛みを怖がって、運動療法が必要な時期になっても十分に動かすことができない場合もあります。 炎症をひどくして肩の痛みが強くならないためにも、痛みを抑える薬物療法が有効です。 主に行われる治療は、次のようなものです。 ●消炎鎮痛剤● 炎症を抑える...

サイトMENU

Copyright (C) 肩こりについて. All Rights Reserved.